オボエテイル 作品情報

おぼえている

高橋克彦ミステリーコレクション、公開凍結から5年を経て、ついに解禁!

ミステリー作家・高橋克彦の3作品映像化した、オムニバス・ミステリー映画。「遠い記憶」…新進作家の倉本雄二は、取材で盛岡に行って相沢世里子という謎の女性に出会う。子供の頃の記憶が突然よみがえる。彼女はいったい誰なのか…。「前世の記憶」…修子はひどい頭痛に悩まされていた。恋人の勧めで始めた治療中によみがえった記憶が、修子を前世の恐怖へと導いていく…。「緋い記憶」…良彦は突然郷里の友人の訪問を受ける。手渡された住宅地図を開くと、そこにあったものは…。

「オボエテイル」の解説

盛岡にこだわり、ミステリー作家として活躍する高橋克彦の直木賞作品「緋い記憶」を始め、「遠い記憶」「前世の記憶」の3作品を、3人の監督が、盛岡オールロケで演出した情感溢れる大人のためのオムニバス・ミステリー映画。監督は全員が日活撮影所出身の実力派。「遠い記憶」を『スイート・スイート・ゴースト』でデビューした芳田秀明。「前世の記憶」をヒット作『免許がない!』『キリコの風景』の明石知幸。「緋い記憶」は富江シリーズ第7作目『富江VS富江』が長編デビューの久保朝洋がつとめる。個性的な監督たちが独自の感性で、全くテイストの違う作品に仕上げた。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年1月8日
キャスト 監督芳田秀明 明石知幸 久保朝洋
原作高橋克彦
出演村上淳 麻生祐未 中村美玲 葛山信吾 香川照之 光石研
配給 生駒隆始
制作国 日本(2005)
上映時間 125分

(C)2005 (株)ベルウッド

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「オボエテイル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:01:38

広告を非表示にするには