行きずりの街 作品情報

ゆきずりのまち

映画化が待ち望まれていた「このミステリーがすごい!」1位に輝く傑作サスペンス

郷里で塾講師をしている波多野和郎は、連絡が取れなくなっている元教え子・ゆかりの行方を追って、12年ぶりに東京にやって来た。都内にある名門女子高・敬愛女学園の教師をしていた彼は、生徒だった手塚雅子との恋愛スキャンダルで教師の職を追われた過去があった。東京に着いた波多野はゆかりが住む高級マンションを訪ねるが、何者かに物色された痕跡を発見、ゆかりの失踪の背後に事件の存在を感じ始める。

「行きずりの街」の解説

1992年に「このミステリーがすごい!」で1位を獲得し、映像化が望まれていた志水辰夫のサスペンスを映画化。失踪した教え子を追って東京にやって来た塾講師の男が、かつて教鞭をとっていた名門校の陰謀に気付き、やがてスキャンダルに巻き込まれるというハードボイルドなストーリーに、別れた妻と運命的な再会を果たすロマンスを加味した、大人向けの恋愛サスペンスだ。デビュー25周年を迎えた仲村トオルが、過去と対峙する男の悲哀を見事に表現しているところが見どころ。メガホンをとったのは人間ドラマの名手・阪本順治監督。男同士の対決、謎が謎を呼ぶミステリアスな世界観に大人の恋愛劇を加えた重層的な物語をそつなく演出している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年11月20日
キャスト 監督阪本順治
原作志水辰夫
出演仲村トオル 小西真奈美 南沢奈央 窪塚洋介 菅田俊 佐藤江梨子 谷村美月 杉本哲太 ARATA 石橋蓮司 江波杏子
配給 東映
制作国 日本(2010)
上映時間 123分

(C)2010「行きずりの街」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:1.5点★☆☆☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「奈緒」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2010-12-03

物語も人物描写も掴みにくい。何故あそこまで、教え子捜しに躍起になるのかもイマイチ伝わらないし。色んな役者がチョコチョコ出ていて、出演者は豪華なんだけど。観終わっても、ウーン、という感想。終わり方も、なんだかなー。

最終更新日:2019-04-17 10:38:59

広告を非表示にするには