わたしの可愛い人―シェリ 作品情報

わたしのかわいいひとしぇり

巨匠コレットの原作を、アカデミー賞監督・脚本・キャストによる豪華完全映画化

ベルエポックのパリ、1906年。芸術が花開き、女たちが魅力的だった美しき時代。短い期間だがココット(高級娼婦)たちが、美貌と、文化教養、更に経済の知識をもち、パリの社会の中で、最も輝くセレブであった時代でもある。そのココットの中でも絶世の美女、レアは、“恋に落ちる危機”を何度も見事に切り抜けてきた名うての女。一方、レアの元同業のマダム・プルーの一人息子シェリは、19歳で既に女遊びにも飽きているほどの“問題児”。母は磨きぬかれたレアの愛のレッスンで、息子をまっとうにし、更に金になる男にしたいという魂胆で、二人の仲を取り持つのだった。レアはいつものように数週間で別れるはずの恋だったのに、“不覚にも”6年も楽しく暮らしてしまった。やがて、年頃になったシェリの結婚話が持ち上がったとき、初めてレアはこの恋が一生に一度の愛だと気づく……。

「わたしの可愛い人―シェリ」の解説

甘美なる巨匠、そして、20世紀最高の女性作家コレットの代表作「シェリ」を映画化。コレットは、作家にして美貌の舞台女優、美容家であり、本作を執筆後、義理の息子と恋に落ちたことは当時のスキャンダルとなった。また、無名のA・ヘップバーンを見出したことでも有名。原作「シェリ」は、プルースト、アンドレ・ジッドも賞賛し、成功とともに、芝居にもなり、コレット自身が1年後にはレアの役を自身で演じた。主人公レア役には、『危険な関係』『ラブ・フィールド』などで3度のアカデミー賞ノミネートに輝くミシェル・ファイファーが、シャンデリアのようにきらめきその魅力を放っている。妖しいほど美しいシェリ役は『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のルパート・フレンド。監督は、『危険な関係』『クィーン』のスティーヴン・フリアーズ。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年10月16日
キャスト 監督スティーヴン・フリアーズ
原作コレット
出演ミシェル・ファイファー ルパート・フレンド キャシー・ベイツ フェリシティ・ジョーンズ イーベン・ヤイレ フランセス・トメリー
配給 セテラ・インターナショナル
制作国 イギリス=フランス=ドイツ(2009)
年齢制限 R-15
上映時間 90分

(c)Tiggy Films Limited and UK Film Council 2009 All Rights Reserved

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-16

円熟した妖艷なミッシェル・ファイファー嬢と青年とのラストシーンの別離が何とも切なく、そして愛らしい不思議な魅力を放つ映画何だね!耽美的と言う表現が実にピッタリと来るんだ。コレットの原作を繙きたくなる1篇だったぜー。

最終更新日:2017-11-21 16:00:04

広告を非表示にするには