ヴィクトリア女王 最期の秘密 作品情報

びくとりあじょおうさいごのひみつ

インドが英領となって29年目の1887年、ヴィクトリア女王(ジュディ・デンチ)の即位50周年記念式典で記念金貨“モハール”を献上する役目に任命されたアグラに住む若者アブドゥル・カリム(アリ・ファザール)は、もう一人の献上役モハメド(アディール・アクタル)と共にイギリスへ渡る。18歳で即位してから長年女王の座に君臨してきたヴィクトリアは、最愛の夫と従僕を亡くし心を閉ざしていた。細かく決められたスケジュールをこなし、思惑が飛び交う宮廷生活に心休まらない日々を送るなか、金貨を献上しに現れたアブドゥルの、物怖じせず本音で語りかけてくる態度に心を奪われる。彼を気に入ったヴィクトリアは、式典の期間中、彼を従僕にする。ヴィクトリアはインド皇帝でもありながら現地に行ったことがないため、アブドゥルから言葉や文化を教えてもらい、魅了されていく。次第に二人の間には身分も年齢も越えて強い絆が生まれるが、周囲の猛反対に遭い、やがて英国王室を揺るがす大騒動を巻き起こす……。

「ヴィクトリア女王 最期の秘密」の解説

ヴィクトリア女王と英領インドの青年の知られざる実話を映画化。女王の即位50周年記念式典で記念金貨を献上するため英国にやってきたインドの若者アブドゥル。最愛の夫と従僕を亡くし塞いでいた女王は、王室のしきたりにとらわれないアブドゥルに心を開く。出演は、「クイーン・ヴィクトリア 至上の恋」のジュディ・デンチ、「きっと、うまくいく」のアリ・ファザル。監督は、「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」のスティーヴン・フリアーズ。脚本は、「リトル・ダンサー」のリー・ホール。第90回アカデミー賞衣装デザイン賞・メイクアップ&ヘアスタイリング賞ノミネート、第75回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞ノミネート。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年1月25日
キャスト 監督スティーブン・フリアーズ
原作シュラバニ・バス
出演ジュディ・デンチ アリ・ファザル エディ・イザード アディール・アクタル マイケル・ガンボン ティム・ピゴット=スミス
配給 ビターズ・エンド=パルコ
制作国 イギリス=アメリカ(2017)
上映時間 112分

(C) 2018 Focus Features. A Comcast Company.

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2019-02-11

意外に「美化」してないのが新鮮だった。皇太子は女王に比較して、あまり良く書かれることはない人物だが、いつまでも即位できず、公務もほとんど任せて貰えなかったという話なので、無理もないかと思う。背景を考慮して、主人公以外の、細かい人物像が描かれているのが良かった。

最終更新日:2024-05-28 10:51:46

広告を非表示にするには