十三人の刺客 感想・レビュー 26件

じゅうさんにんのしきゃく

総合評価3.96点、「十三人の刺客」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「もんきち」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2012-01-13

これは凄い!究極のチャンバラ映画です。殺陣シーンが長く、好戦的です。稲垣の悪役ぶりが徹底しており、刺客一人ひとりに、応援が出来ました。オリジナル版が観たいです。

P.N.「ジャンヌ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-11-22

物凄く見応えが有りました。でも西太后なみのグロさはマジ夢見てしまいましたよ。ま、あの場面有っての胸スク最期なのかな。松たか子の父は、さすが。どこの役の部分にも当てはまる名優です。大泣きぐちゃぐちゃでした。

P.N.「らぁ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-11-03

吾朗ちゃん、良かったV(^-^)V
暴君ぶりが吾朗ちゃんならでは!って感じで見事でした。
吾朗ちゃんの見る目が変わりました。良い意味で!\(^ー^)/

P.N.「ぺぺ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-10-30

キャスティングもピッタリで、見応えがあって、なかなか面白い映画です!
信じられないくらい全く違った一面を見せた稲垣。あそこまで出来るとは意外。
少数で戦う為に村を買い取って作られた仕掛けの数々も、よく考えられていて次は何が出てくるのか楽しみに。
目を覆いたくなるシーンもあるが、ちょっぴり笑えるシーンや、ホロッとさせるシーンも入っていて、時代劇ファンでなくても楽しめると思います。

P.N.「ゆぅ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-10-19

血生臭い中にも思わず笑えるシーンもあり面白かった。
迫力もあったしグロさは脳裏に焼き付く感じであの娘さんの姿は今だにリアルに思い出せます。

稲垣吾郎さんの暴君もよかった。
無表情で顔色を変えず残忍なことを当たり前のようにやる姿は演技に見えないほど自然でした。

伊勢谷さんや岸部さんの存在感はどの作品でも凄いですね。

必見です。

P.N.「カズ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-10-15

緊迫した暗殺のストーリーの中に岸部一徳のある不幸や伊勢谷の変キャラが笑える それぞれのキャラも意外とはまっていたと思う クライマックスの戦いのシーンもやや長いが良かった

P.N.「ヨリ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-10-13

冒頭で内野さんが切腹する時、首筋の演技に☆星5。引き込まれました!

重苦しい話しだったのに、村の世話役で出て来た岸部さんと 伊勢谷さんとの あるシーンには、思わず笑ってしまった。
伊勢谷さんが好きな女は、山田君と恋仲の芸者と同じ顔に見えたよ。吹石さんだよね!? 何故に二役かな?
伊勢谷さんは もしかして忍者で、分身の術を使えるのか?(勝手な想像)
疑問点が多いが、見応えがあった。

P.N.「KEN」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-10-12

良かったです。稲垣くん とことん悪役になって 見てる者の憎悪を掻き立て ラストに刺客たちが やっつける
忠臣蔵のような
必殺仕事人のような ひとつ言うなら切り合いのシーンが長かったかな!?

P.N.「リラックマ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-10-12

うーん
最後の戦闘が長すぎてくどい
思わず時計見ました
しかし吾郎ちゃんのバカ殿も深い

P.N.「こすぎ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-10-12

俺もこう生きたいって思える映画だ!

P.N.「ミイナ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-10-08

松方が出ているシーンは、やっぱり違う。台詞回し一つ取っても、他の役者とは各が違う。若手も色々出てたが、困り顔していつも後ろの方にいる高岡蒼甫は、存在感まるでない。山田孝之は、なかなか良かった。あと、最後に亡霊(笑)が。そう思わなきゃ、説明つかない。

P.N.「アリスとテレス」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-10-07

三池監督らしい(笑)エログロチャンバラ。だるま女はトラウマになるかも。山田くんの殺陣が結構様になっていたのには驚いた。伊原剛志はあまり剣客に見えない太刀捌き。藤岡弘や滝田栄とか、真剣が振れる役者さんを使って欲しいなあ。

P.N.「深作は越えられない」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-10-05

前半と後半で熱気が違いすぎる。後半の殺陣は時代劇ファンとしてはJAC仕込の伊原剛志に惚れ惚れ。松方さんも去年の作品程くどくなく巧さ切れ味が際立ち正に真骨頂!時代劇は難しいだろうと期待してなかった若手達も中々魅せてくれた。段々斬り合いに取りつかれていく様は圧巻。前半物語へと集中できなかったのが残念。暴君は成宮さん位役が憑依する役者でないと怖さがない。娯楽か芸術かで迷った結果削ぎ落としに失敗したかも?

P.N.「キネマ大使」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-10-05

オリジナルの工藤栄一作品を見ている人は、う~んと、言うしかないのかな~と思いますよ。前半の作戦を練り上げ血戦に持ち込むまでは、良かったんだけどね。役所と市村と稲垣は良かったよ。松方も…あとは…今の役者は、時代劇役者とは言えないんじゃないかな。ラストが何ともつまらない。あれだけの戦いで、生き残りが何とも、あれだけ、それはないよ。オリジナル版のラスト、名もない侍の叫び!理不尽な戦いにたいする叫びが…

P.N.「しりうす」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-10-02

最後が山場なんだろうけど、戦うまでが面白かった。死んだと思ってた人が生き返った?ついつい死体の山の中に亡骸があるのでは?と探してしまった。もしあったら恐怖ファンタジー映画になったかも??

P.N.「とがし」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-10-01

これは天願大介の映画。天願ファンにはたまらんだろうが、昔ながらの時代劇ファンが観ても疲れるだけ。先遣隊なしで殿様が宿場に来たり、死者が復活したり、変な場面も多い。

P.N.「かずさん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-10-01

前半グロすぎ!吐き気すら覚えました…。その分後半の爽快感は大きいですけど。
松方さん、役所さん、市村さんの演技はさすがです!
しかし、吾郎ちゃん、迫真の演技すぎて、まじ怖い!
あれから、夜悪夢見そうでホントに恐ろしいんです…。

P.N.「坊屋」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2010-09-30

やっぱり黒沢映画には勝てないねヴェネチア映画祭で無冠で終わったのに納得まだサムライとかやってるのか日本人イコールサムライはもう古いヴェネチアの審査員は映画文化をわかってるわ

P.N.「はる」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-09-30

いい男が出すぎ!
殺陣のシーンも迫力があってよかった!
侍とは主君に仕えることだけが生きざまなのかなぁ・・・

P.N.「向日葵」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-09-29

最初の20分くらいがエグイ?グロイ?観るの嫌だなーって思ってしまい…。山場の宿場に取り込んでからは素晴らしかった!だけど、伊勢谷ユウスケ何故生きてる?そして、殿死ぬシーンとかいまいちだったなーと。

最終更新日:2020-09-18 16:01:18

広告を非表示にするには