すばらしき世界 作品情報

すばらしきせかい

13年の刑期を終え、目まぐるしく変化する想像もつかない世界に出てきた元・殺人犯の三上(役所広司)は、保護司の庄司夫妻(橋爪功・梶芽衣子)の助けを借りて自立を目指していた。そこへ、生き別れた母親を探している三上に、番組で手助けしたいとテレビディレクター(仲野太賀)とプロデューサー(長澤まさみ)が接触してくる。彼らの本当の目的は、社会に適用しようと足掻く三上の姿を面白おかしく番組にすることだった。まっすぐ過ぎるが故にトラブルが絶えない三上だったが、次第に彼が持つ無垢な心に感化された人々が集まってきて……。

「すばらしき世界」の解説

直木賞作家・佐木隆三の小説『身分帳』を原案として、「永い言い訳」の西川美和が舞台を現代に移し映画化。13年の刑期を終えた三上は、保護司の助けを借りて自立を目指していた。そこに、彼の姿を面白おかしく番組にしようとするテレビマンが近づいてくる。出演は、「孤狼の血」の役所広司、「静かな雨」の仲野太賀、「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の長澤まさみ、「家族はつらいよ」シリーズの橋爪功、「曽根崎心中」の梶芽衣子。第45回トロント国際映画祭正式出品作品。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年2月11日
キャスト 監督西川美和
出演役所広司 仲野太賀 橋爪功 梶芽衣子 六角精児 北村有起哉 長澤まさみ 安田成美 白竜 キムラ緑子
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2021)
上映時間 126分

(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4.26点★★★★☆、19件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2023-05-26

『群像』誌の本篇を廻る監督Vs出演者の対談等を読み,同じ原作者の映画化作品〈復讐するは我にあり〉が甦って来た。また主演の役所広司自身の入魂の演技が堪能出来る作品で在るが愛すべきキャラクターな点でチャップリンの映画も想い浮かべて

最終更新日:2024-02-14 18:09:16

広告を非表示にするには