大日本殺し屋伝 作品情報

だいにほんころしやでん

花登筐の原作を、花登筐と、才賀明が共同で脚色、「秩父水滸伝 必殺剣」の野ロ晴康が監督した“大日本喜劇”シリーズ第四作目

殺し屋の町と称するある町で、この町を牛耳る五光会のボス佐々木が、スペードのエースのカードとともに射殺された。あわてた残りの四人、井川、岸田、桜田、雲井は、殺し屋プロダクションの社長に早速護衛の殺し屋を注文した。彼らは、上司の須藤を殺し、その復讐のために、須藤の一子丈太郎ことジョーに狙われていたのだ。厳重なテストの結果、大日本を代表する殺し屋は、爆薬入りのソロバンを使うセンバの崑松、詩人ハイネの牧、さらに銃を仕込んだバットを振るONのカネ、手裏剣と包丁でトドメを刺す板前姿の包丁の辰、それに水爆的パチンコ使いのキラー紳士チビ、を中心とする十人が足の裏にホクロのあるというジョーを捜しに街へ出た。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督野口晴康
出演土方弘 大村崑 人見きよし 平凡太郎
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「大日本殺し屋伝」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:00:11

広告を非表示にするには