ロビン・フッド 作品情報

ろびんふっど

ヒーローの原点――ロビン・フッドに『グラディエーター』のコンビが挑む

ロビン・フッドのイメージ画像1

12世紀末、十字軍を率いるリチャード王が戦死。兵士としてフランスでの戦闘に加わっていたロビンは、帰国途上のある日、イングランドの騎士ロバートの暗殺現場に遭遇する。瀕死のロバートからノッティンガムの領主である父ウォルターへの遺言を託されたロビンは、帰郷したのちノッティンガムの地を訪れる。遺言を届けに来たロビンにウォルターは、領地を没収されないよう亡き息子になりすますよう持ちかけるが……。

「ロビン・フッド」の解説

何百年にもわたり世界中の人々から愛されてきた伝説の義賊ロビン・フッド――多くの文学や映画で描かれてきた“ヒーローの原点”に、アカデミー賞に輝いた『グラディエーター』のリドリー・スコット監督とラッセル・クロウの黄金コンビが挑戦した歴史スペクタクル巨編。中世イングランドを舞台に、高潔な魂とたくましい肉体を併せ持つカリスマ、ロビン・フッドの勇猛果敢な活躍を描いている。壮大なビジュアルで見せるイングランドvsフランスの戦い――海峡を埋め尽くすフランスの大艦隊とイングランドの騎兵隊のダイスペクタクルは見ものだ。ケイト・ブランシェットやウィリアム・ハート、マーク・ストロングといった豪華名優の競演も見逃せない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年12月10日
キャスト 監督リドリー・スコット
出演ラッセル・クロウ ケイト・ブランシェット
配給 東宝東和
制作国 アメリカ=イギリス(2010)

(C)2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. [Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.67点★★★★☆、7件の投稿があります。

P.N.「くろまめ」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2010-12-28

よくあるパターンの映画。ダラダラと特に驚く演出もありません。洋画の古い時代設定の話しは、よほどストーリーや演出が良くないと飽きます。ラッセルクロウをかっこよく見せる為に作られた、ただそれだけの映画です。ラッセルクロウの年齢からしても、これからロビンフッドと呼ばれていくには、老けすぎでは?あと、無駄にエロく下品な演出も気分が悪くなりました。家族で見ましたが子供も母親も見終わった後、しんどそうでした。

最終更新日:2019-11-12 15:21:14

広告を非表示にするには