キャタピラー 作品情報

きゃたぴらー

『実録・連合赤軍あさま山荘への道程』の若松孝二監督が描く性と反戦

一銭五厘の赤紙1枚で召集される男たち。シゲ子の夫・久蔵も盛大に見送られ、勇ましく戦場へと出征していった。しかしシゲ子の元に帰ってきた久蔵は、顔面が焼けただれ、四肢を失った無残な姿であった。村中から奇異の眼を向けられながらも、多くの勲章を胸に、“生ける軍神”と祀り上げられる久蔵。四肢を失っても衰えることの無い久蔵の旺盛な食欲と性欲に、シゲ子は戸惑いつつも軍神の妻として自らを奮い立たせ、久蔵に尽くしていく。四肢を失い、言葉を失ってもなお、自らを讃えた新聞記事や、勲章を誇りにしている久蔵の姿に、やがてシゲ子は空虚なものを感じ始める。敗戦が色濃くなっていく中、久蔵の脳裏に忘れかけていた戦場での風景が蘇り始め、久蔵の中で何かが崩れ始めていく。そして、久蔵とシゲ子、それぞれに敗戦の日が訪れる……。

「キャタピラー」の解説

1960年代の日米安保反対闘争から72年のあさま山荘での銃撃戦へと至るあの時代、若者たちの生き様を描いた『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』から2年。静かな田園風景の中で、1組の夫婦を通して戦争の愚かさと悲しみを描く、若松孝二監督の新境地と言える作品が完成。シゲ子を演じるのは、『赤目四十八瀧心中未遂』『ヴァイブレータ』の寺島しのぶ。本作で、第60回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年8月14日
キャスト 監督若松孝二
出演寺島しのぶ 大西信満 吉澤健 粕谷佳五 増田恵美 河原さぶ 石川真希 飯島大介 安部魔凛碧 寺田万里子 柴やすよ
配給 若松プロダクション・スコーレ株式会社
制作国 日本(2010)
上映時間 87分

(C)若松プロダクション

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、10件の投稿があります。

P.N.「ハナモモ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-03-26

考えさせられる映画でした…。寺島しのぶさんの演技に圧倒!素晴らしい女優さんです☆

最終更新日:2020-09-25 14:38:41

広告を非表示にするには