シネマ歌舞伎『蜘蛛の拍子舞/身替座禅』 作品情報

くものひょうしまいみがわりざぜん

2010年4月末の歌舞伎座建替えによる一時閉館に伴い、2009年より始まった歌舞伎座さよなら公演。その中から舞踊劇を二本立てでシネマ歌舞伎として上映。

「蜘蛛の拍子舞」…主を失い荒れ果てた空御所に現れるという物の怪を検分しに来た源頼光。そこへ突如現れた美しい白拍子妻菊は艶やかな踊りを見せ、色仕掛けで頼光をたぶらかそうとする。頼光と四天王の一人である渡辺綱は、妻菊と共に拍子舞を踊るのだが、灯火に照らされた彼女の影が蜘蛛に見えることから、物の怪が化けているのだと見破る。討ちかかる二人に千筋の糸を繰り出して姿を消す妻菊。再び姿を現した妻菊は恐ろしい女郎蜘蛛の精へと姿を変え、華麗な大立廻りを繰り広げる。苦戦する頼光たちのもとへ怪力無双の坂田金時が駆けつけて……。

「シネマ歌舞伎『蜘蛛の拍子舞/身替座禅』」の解説

「身替座禅」…大名の山蔭右京は奥方の玉の井に隠れて恋人の花子に逢いに行くために、屋敷にある持仏堂に籠り座禅の行をすると嘘をつく。右京は太郎冠者を呼び、自らの身替りとして衾を被せ、急いで花子のもとへ向かう。だが夫を心配した玉の井が持仏堂に見舞いにやって来る。驚いた太郎冠者は衾に隠れ無言のままやりすごそうとするのだが、せめてお顔だけでも見せて欲しいと衾を剥ぎ取られてしまう。怒った玉の井は右京を懲らしめるために、太郎冠者の代わりに衾を被り右京の帰りを待つ。夜も更けた頃、何も知らずに千鳥足で帰ってきた右京は、花子との逢瀬の様子を巧みな踊りで語ってみせる……。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年5月1日
キャスト 出演坂東玉三郎 尾上松緑 中村萬太郎 尾上右近 尾上菊之助 坂東三津五郎 中村勘三郎 市川染五郎 坂東巳之助 坂東新悟
配給 松竹
制作国 日本(2010)

(c)松竹株式会社

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「シネマ歌舞伎『蜘蛛の拍子舞/身替座禅』」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-06-20 00:01:06

広告を非表示にするには