聖家族~大和路 作品情報

せいかぞくやまとじ

ラーメンズの片桐仁主演で贈る、カエルカフェのブンガク映画シリーズ第11弾

画家である河野扁理は、師である九鬼の死に翻弄されながらも、新作の絵を描くため、奈良に滞在していた。しかし、数々の仏像、歴史建造物に触れるが、絵を描けず半ば諦めかけていた。漫画家志望の女子大生・清美と出会い、絵のことを忘れていく扁理。そんな中、ある一つの絵画により、九鬼の未亡人である細木夫人と娘の絹子と再会することに。細木と絹子、そして九鬼。九鬼の聖域であり、九鬼の家族であるその家はまさに“聖家族”であり、そして母と子に向うある特有の感情に気づき、そこへ足を踏み入た自分に苦悩する扁理。九鬼の死はいつまでも扁理を翻弄し、絵は諦め、自暴自棄に陥った。あるバーで仲間と酒を煽る扁理は、ダンサー沙羅に心を奪われる。絹子とは対照的な沙羅の魅力、作品づくりから逃げ出したい気持ちから、扁理は沙羅と一緒に街を出ようとするが……。

「聖家族~大和路」の解説

作家・堀辰雄の文壇デビュー作「聖家族」と、彼がこよなく愛する奈良・大和路の名作紀行文を併せた、カエルカフェのブンガク映画シリーズ第11弾。主演は、熱狂的なファンを持つお笑いコンビ“ラーメンズ”のメンバーで、舞台役者としても活躍する片桐仁。ヒロイン絹子には『キャプテン』『うた魂』の岩田さゆり。絹子の母・細木夫人には堀ちえみ、ダンサーの沙羅を末永遥が演じる。また、“エレ片”で片桐仁とユニットを組む“エレキコミック”のやついいちろうと今立進も友人役で出演している。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年5月22日
キャスト 監督秋原正俊
出演片桐仁 岩田さゆり 末永遥 初嶺麿代 高野ひろゆき 堀ちえみ やついいちろう 今立進 今村祈履 秦みずほ 丸尾みゆき
配給 カエルカフェ
制作国 日本(2009)

(C)2009 DIGITAL CINEMA CIRCUS ALL RIGHTS RESERVED

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「聖家族~大和路」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:59:41

広告を非表示にするには