ブルーノ 作品情報

ぶるーの

世界の様々なカルチャーギャップを痛烈に皮肉り、大胆不敵かつ知的な笑いに満ちた確信犯的ドキュメンタリー

オーストリアのファッション番組「ファンキータイム」の司会者ブルーノは、ショーの取材やインタビューで大忙し。ところが、プラダのショーの舞台裏を、全身マジック・テープでできた新作スーツで取材したため、服が張り付き、大パニックに。ヨーロッパのファッション業界から追い出されたブルーノは、ハリウッドでセレブになって見返してやろうと一念発起するが…。

「ブルーノ」の解説

『ボラット』のサシャ・バロン・コーエンが、再び突撃ゲリラ取材を敢行する社会派ドキュメンタリー。今回は、コーエンのもう1つのキャラである、ゲイのオーストリア人ファッション・レポーターがハリウッドでセレブになろうと、彼なりの方法を次々実践していく。有名人とスキャンダルを起こす、養子をもらう、平和活動に参加するなど、開き直ったベタな“セレブ道”は、現実のハリウッド・セレブへのきつ~い皮肉が。マドンナ、エミネムが大激怒したなど、本物のセレブをノリと本気ギリギリのところまで巻き込み、確信犯的に撮り上げている巧さはさすが。監督は『ボラット』に続き、再びサシャとタッグを組んだラリー・チャールズ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年3月20日
キャスト 監督ラリー・チャールズ
製作・キャラクター原案・原案・脚本・出演サシャ・バロン・コーエン
出演グスタフ・ハマーステン
配給 クロックワークス
制作国 アメリカ(2009)
年齢制限 R-15
上映時間 80分

(C)2009 MRC II Distribution Company LP

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「えりか」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-03-29

いやーおもしろかったです!!(^O^)/さりげなく今の世の中への批判もあって少し考えさせられました!! :))

最終更新日:2021-08-04 18:56:04

広告を非表示にするには