誰かが私にキスをした 作品情報

だれかがわたしにきすをした

アメリカのインディーズシーンを牽引する監督が、日本の若手ムービースターを起用した新感覚ラブストーリー

誰かが私にキスをしたのイメージ画像1
誰かが私にキスをしたのイメージ画像2

インターナショナルスクールに通うナオミは、ある日、学校の階段から真っ逆さまに落っこちてしまう。頭を強打し、ここ4年間のことをすっかり忘れてしまった彼女にとって、最新の記憶は、偶然現場に居合わせて病院まで付き添ってくれた、上級生ユウジだった…。やがて学校に戻ったナオミは、親友のミライや、恋人だったというエースから過去の自分のことを聞き、違和感を覚えながらも新たな生活を始めるが…!?

「誰かが私にキスをした」の解説

『カンバセーションズ』で05年東京国際映画祭の審査委員特別賞を受賞したハンス・カノーザが、堀北真希、松山ケンイチ、手越祐也(NEWS)ら日本の若手スターを起用した学園ラブストーリー。記憶喪失になったヒロインを中心に、四角関係が繰り広げられるのだが、日米のスタッフが参加し、日本に実在するアメリカンスクールを舞台にした作品だけあり、なんともポップでアメリカンな空気が新鮮! また『スタートレック』『ターミネーター4』(ともに09)などメガ超大作に出まくっている、ハリウッドで今もっともホットなヤングスター アントン・イェルチンにも注目だ。しかしいちばんの見どころは、堀北真希の驚くほど流ちょうな英語、堀北&松山のロマンティックなキスシーンなど、これまでの日本映画では引き出されることのなかった、人気若手俳優たちの新たな魅力。新鮮な驚きに満ちた作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年3月27日
キャスト 監督ハンス・カノーザ
原作・脚本ガブリエル・ゼヴィン
出演堀北真希 松山ケンイチ 手越祐也 アントン・イェルティン
配給 東映
制作国 日本(2010)

(C)2010「誰かが私にキスをした」製作委員会 [DVD情報/Amazonで購入]

ユーザーレビュー

総合評価:4.17点★★★★☆、7件の投稿があります。

P.N.「ゆゆ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-04-09

松山ケンイチ・手越ファンは胸キュンすると思う!!私的には最後の終わりかたモヤモヤするけど、まあ…面白いっちゃ面白いかな!

最終更新日:2017-03-01 09:07:01

広告を非表示にするには