9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~ 作品情報

ないんきゅうばんめのきみょうなにんぎょう

人類が滅亡した後、人形たちが目を覚ました

古びた研究室で、麻を縫い合わせて作られた人形が目を覚ました。腹部には大きなジッパーがつき、背中に「9」と書かれた彼は、自分が誰なのかも分からない。外を見ると見渡す限りの廃墟が広がっていた。茫然としていると、背中に「2」と書かれた自分と似た人形がやってきた。2は、壊れていた9の発声装置を直し、自分たちは仲間だと語りかける。

「9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~」の解説

2005年アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた作品が、80分の長編作品として生まれ変わった。そもそもは、監督のシェーン・アッカーが、映像を学んだUCLAの卒業制作として完成させた11分の短編アニメ作品だったのだが、鬼才・ティム・バートンが惚れ込み、彼が出演を呼びかけた豪華キャストにより、世界的に公開される作品に仕上がったのだ。麻で出来た奇妙だけど愛嬌のある人形や人類滅亡後というダークで悲哀に満ちた世界観は、ティム・バートンとも共通するものがある。声の出演は、イライジャ・ウッド、ジョン・C・ライリー、ジェニファー・コネリー、マーティン・ランドーほか。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年5月8日
キャスト 監督シェーン・アッカー
声の出演イライジャ・ウッド ジェニファー・コネリー クリストファー・プラマー
配給 ギャガ
制作国 アメリカ(2009)

(C)2009 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「メイ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2010-05-17

とにかく手作りっぽい人形の質感が魅力的。不恰好だけど愛嬌があって応援したくなる。ストーリー自体はシンプル。個人的には「7」も男の子の設定の方が良かったかな、と思いました。

最終更新日:2021-01-16 13:30:49

広告を非表示にするには