シネマ歌舞伎『法界坊』 作品情報

しねまかぶきほうかいぼう

第一回平成中村座や大阪公演、名古屋公演でも演じられた人気の演目を上映

金と女が大好きな法界坊は、どこか憎めない愛嬌あふれる乞食坊主。永楽屋娘お組に恋い焦がれる法界坊は、盗まれた吉田家お家の重宝“鯉魚の一軸”をお組と恋仲である手代の要助が探し求めていると知る。いい金蔓を見つけた欲深い法界坊に、永楽屋番頭の正八や山崎屋勘十郎らも加わり、鯉魚の一軸を巡る悪巧みが繰り広げられる。一度は道具屋甚三郎にやり込められ散々な目に遭った法界坊だったが、お組の父・永楽屋権左衛門と松若の許婚の野分姫らも巻き込み、さらに数々の悪行を行うのだった。

「シネマ歌舞伎『法界坊』」の解説

歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影し、スクリーンでデジタル上映するという新しい観劇スタイル、シネマ歌舞伎。今回は、浅草の浅草寺境内に出現した仮設の芝居小屋平成中村座で行われた『隅田川 続 俤 法界坊』(平成20年11月浅草・平成中村座公演)。第一回平成中村座や大阪公演、名古屋公演でも演じられた本演目は、笑いたっぷりのユーモラスな掛け合いから、歌舞伎の様式美まで、歌舞伎の世界を存分に楽しめる。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年12月26日
キャスト 演出・美術串田和美
出演中村勘三郎 中村橋之助 中村勘太郎 中村七之助 中村歌女之丞 笹野高史 片岡亀蔵 坂東彌十郎 中村扇雀
配給 松竹
制作国 日本(2009)

(c)松竹株式会社

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「シネマ歌舞伎『法界坊』」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-07 00:01:06

広告を非表示にするには