アバター 作品情報

あばたー

『タイタニック』から12年、巨匠ジェームズ・キャメロンが描く、想像を超えた驚異の映像と感動の世界

アバターのイメージ画像1

元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様ざまな発見と思いがけない愛を経験した彼は、やがて一つの文明を救うための戦いに身を投じていく…。

「アバター」の解説

『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が描く、想像を超えた新たな世界で繰り広げられるエピック・アクション・アドベンチャー。構想14年、製作4年。キャメロン監督のイマジネーションに、ようやく映像テクノロジーが追いついた結果、ついに製作が始まった本作。この映画のために開発された革新的な技術により、登場キャラクターの感情や感動的なストーリー展開が圧倒的スケールで描き出される。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年12月23日
キャスト 監督・製作・脚本ジェームズ・キャメロン
出演サム・ワーシントン ゾーイ・サルダナ シガーニー・ウィーバー ミシェル・ロドリゲス ジョヴァンニ・リビシ スティーヴン・ラング
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2009)

(C)2009 Twentieth Century Fox Film Corporation.All rights reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.15点★★★★☆、93件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-10-22

何てたって映像の騎手ジェイムス・キャメロンの絵作りを楽しむ映画ですね?レインボーカラーの幸福感溢れる森が、突然殺戮されて仕舞うシーンは、生命の大樹が薙ぎ倒されて仕舞う光景は、悪夢そのもの??映画はサイレント映画の其の時代から、より立体的な画像処理を求めてモンタージュ術を進化させて来た??3D映画や合成技術も其のチャレンジの1つに違い無いから?逆に映画〈アーテスト〉の様に敢えてクラシカルなスタイルに拘る遣り方も魅力的だが…。


レビューを投稿する

「アバター」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-19 13:15:45

広告を非表示にするには