蘇りの血 作品情報

よみがえりのち

人間の再生と愛の始まりの物語

闇の世界を司る大王が患う業病を癒すために招かれた、天才按摩オグリ。しかし、大王を嫉妬させるほどの健康な身体を持ち、忠誠を誓わない態度に腹をたてた大王は、オグリを殺めてしまう。そんな中、オグリに密かに思いをよせるテルテは、男を“現世”へと蘇らせるため、一心不乱に地の果てにあるという“蘇生の湯”を目指す。

「蘇りの血」の解説

監督デビュー作『ポルノスター』から各国の映画賞を総ナメにした『空中庭園』まで、その揺るぎない個性で、世界でも新作を熱望される監督・豊田利晃、4年ぶりの新作。豊田監督自身が、紀州・熊野に旅をしていた道中に出会った石碑“蘇生の地”の先にある壺湯に掲げられていた説話“小栗判官”にインスピレーションを受け、あの世とこの世を往還する、時空を超えた寓話の世界が誕生した。“破壊”と“再生”とうテーマを一貫して描いてきた豊田監督が、人間の普遍的かつ根源的な存在意義を雄弁にスクリーンに焼き付けた。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年12月19日
キャスト 監督・脚本豊田利晃
出演中村達也 草刈麻有 渋川清彦 新井浩文 板尾創路 マメ山田 市鏡赫 大嶋宏成 櫛野剛一 村上マサト 鈴木卓爾 松岡恵望子 松岡璃奈子
配給 ファントム・フィルム
制作国 日本(2009)
上映時間 83分

(C)「蘇りの血」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「蘇りの血」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:58:27

広告を非表示にするには