不毛地帯 作品情報

ふもうちたい

二次防の主力戦闘機買い付けに暗躍する商社とそれらと癒着する政財界の黒い断面を描く

近畿商事社長・大門一三は、元陸軍中佐・壱岐正を、嘱託として社に迎え入れた。壱岐の、かつて大本営参謀としての作戦力、組織力を高く評価したからである。総合商社の上位にランクされる近畿商事は、総予算一兆円を越すといわれる二次防主力戦闘機選定をめぐって、自社の推すラッキード社のF104、東京商事の推すグラント社のスーバードラゴンF11、五井物産の推すコンバー社F106、丸藤商事の推すサウズロップS156を相手に、血みどろの商戦を展開していた。大門は壱岐を同行して渡米した。壱岐にとっては目的のない旅のはずだったがスケジュールの中に、ラッキード社F104見学が含まれていた。基地ではすでに自衛隊がテストを続行しており、その中に防衛部長・川又空将補の顔もあった。壱岐の渡米は、川又空将補と逢わせるために大門が仕組んだものだった。

「不毛地帯」の解説

原作は山崎豊子の同名小説。脚本は「雨のアムステルダム」の山田信夫、監督は「金環蝕」の山本薩夫、撮影は「わが道」の黒田清巳がそれぞれ担当。 キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山本薩夫
出演山形勲 神山繁 仲谷昇 高城淳一 滝田裕介 山口崇 秋本羊介 岩崎信忠 石浜朗 日下武史
制作国 日本(1976)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-04-16

本・山崎豊子原作のテレビ・ドラマ版を視聴した。確かにロッキード事件等をモデルにした政官財汚職を廻る凄まじい迄の商社マン同士の駆け引きが描かれて…。戦前の噺や家族や恋愛要素も在る大河ドラマ何だ。映画版はどのようにまとめて居るんだろうか限り無く興味深いー。

最終更新日:2018-08-15 00:01:43

広告を非表示にするには