縞模様のパジャマの少年 作品情報

しまもようのぱじゃまのしょうねん

二人は手に手をとって運命の扉を開く

第二次大戦下のドイツ。ナチス将校の父の昇進に伴いベルリンを離れ、人里離れた大きな屋敷へ越してきた8歳のブルーノは、寝室の窓から遠くに見える“農場”で働く人々が昼間でも縞模様のパジャマを着ていることを不思議に思っていた。裏庭へ出ることさえ禁じられ、遊び相手もなく退屈しきっていたが、ある日こっそり抜け出すと“農場”にたどり着く。フェンスの向こうにはパジャマ姿の同い年の少年シュムエルがいた。

「縞模様のパジャマの少年」の解説

知らないということは、なんと残酷で罪なことだろう。好奇心に満ちた無邪気な8歳の少年にとって、ユダヤ人は未知の存在であり、ようやく見つけた友だちが置かれている絶望的な状況など知る由もない。けれど、大人の無知は無責任であり、取り返しのつかない過ちを招く。イノセントな子どもの視点でホロコーストの真実と戦争の狂気が引き起こす普遍的な悲劇を見事に描き出したのは、『ブラス!』『リトル・ヴォイス』のマーク・ハーマン監督。ジョン・ボインの同名ベストセラー小説を自ら脚色し、製作総指揮もつとめている。エイサ・バターフィールドとジャック・スキャンロンの子役二人をはじめ俳優陣が揃って素晴らしい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月8日
キャスト 監督マーク・ハーマン
出演エイサ・バターフィールド ジャック・スキャンロン デヴィッド・シューリス ヴェラ・ファーミガ アンバー・ビーティ リチャード・ジョンソン シーラ・ハンコック
配給 ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
制作国 イギリス=アメリカ(2008)
年齢制限 PG-12

(C)2008 Miramax Film Corp All rights reserved

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「吉野家」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-01-17

こんなにも衝撃を受けた映画は初めてでした。観終わったあと、心のど真ん中をすっぽぬかれた気がしました。ぜひ多くの人に観てほしいです。

最終更新日:2020-10-29 00:01:01

広告を非表示にするには