女の暦 作品情報

おんなのこよみ

壷井栄の処女作『暦』より井手俊郎と中河百々代が脚色し、久松静児が新東宝で初のメガフォンを握った作品

瀬戸内海の小豆島にある日向家は末娘クニ子・実枝の二人によって守られて来た。父母は既に亡く、十人の兄姉も女ばかりの五人に減ってしまった。クニ子は島の小学校に勤め、家事は実枝が切り廻していた。そんな或る日実枝の発案で、もう十数年も会わない姉達を呼んで、死んだ家族の法事をする事になった。そして法事の日が近づくにつれて法事客が次々と到着した。真っ先に駈けつけたのは大阪から来た次女のカヤノ。長女のミチも十五年振りに広島からやって来た。東京にいる五女高子は主人が労働運動に捲き込まれ留置されているので少々遅れるとの事であった。

「女の暦」の解説

壷井栄の処女作『暦』より井手俊郎(落語長屋は花ざかり)と中河百々代が脚色し、「放浪記(1954)」の久松静児が新東宝で初のメガフォンを握っている。撮影は「恋文(1953)」の鈴木博、音楽は「ママの新婚旅行」の斎藤一郎が担当。出演者は「山椒大夫」の田中絹代、「悪魔が来たりて笛を吹く(1954)」の杉葉子、「一等マダムと三等旦那」の轟夕起子、「勲章」の香川京子、「巌ちゃん先生行状記 処女合戦」の舟橋元、「狂宴」の三島雅夫などである。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督久松静児
出演杉葉子 香川京子 田中絹代 十朱久雄 花井蘭子 三島雅夫 轟夕起子 舟橋元 細川俊夫 大谷伶子
制作国 日本(1954)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「女の暦」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-03-27 00:01:40

広告を非表示にするには