USB 作品情報

ゆーえすびー

現代の若者たちの焦燥感を描くドラマ

茨城県筑波。原子力発電所の臨界事故が起こった町で、5年目の浪人生活を送る祐一郎。開業医だった父親の死後、母親ら親族からは、医者になってほしいという期待が高まっていた。しかし、予備校にはろくに行かず、恋人の恵子とも疎遠になっている。その上、母親の知らぬところでギャンブルにハマり、多額の借金を作っていた。大金が必要な祐一郎に、友人の甲斐が放射能の臨床試験のアルバイトを紹介するが…。

「USB」の解説

目に見えない不安に脅かされている現代の若者たちの焦燥感を、等身大の共感を持ってロマンチックな筆致で描いたシリアスなドラマ。平凡な青年がギャンブルやドラッグにはまり、閉塞感からさらに絶望へと突き進む姿を描く。ベルリン国際映画祭に出品された『カインの末裔』など、独特の作風でカルトな人気を誇る奥秀太郎がメガホンをとり、『カインの末裔』でも主演を務めた渡辺一志が、寡黙で、どこか絶望感を漂わせる主人公を演じている。桃井かおりや峯田和伸(銀杏BOYZ)、野田秀樹など個性的なアーティストたちが共演。出口のない状況の中で蠢く青年がたどる悲しい運命と、それに反するかのように、息をのむほどに美しい満開の桜が印象的だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年6月6日
キャスト 監督・脚本奥秀太郎
出演渡辺一志 桃井かおり 峯田和伸 大森南朋 小野まりえ
配給 NEGA Co.
制作国 日本(2009)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「USB」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:57:22

広告を非表示にするには