デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~ 作品情報

でゅぷりしてぃすぱいはすぱいにうそをつく

騙し合いの果てに最後に笑う者は…

CEOハワード率いるトイレタリー業界最大手のB&R社に激しいライバル心を燃やす新興企業エクイクロム社のCEOディックは、強力なスパイ・チームを組織しB&R社の機密を収集することに躍起になっていた。新しくチームに加わったレイは英国の諜報機関MI6の元エージェント。早速、ハワードが世界を牛耳る新製品の発表を控えているという情報を、潜入スパイで元CIAエージェントのクレアから入手する。

「デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~」の解説

嘘つきは泥棒の始まり。そう、嘘つきのプロであるスパイは泥棒なのだ。初監督作『フィクサー』でアカデミー賞7部門ノミネートを果たしたトニー・ギルロイが新作で注目したのは大企業間で展開する諜報合戦。国家の威信をかけて暗躍するより遙かに実入りがいい企業スパイに華麗なる転職を企てる主人公にセクシーなクライヴ・オーウェンとジュリア・ロバーツが扮し、その雇い主には『フィクサー』でも出色の演技で唸らせた老獪なトム・ウィルキンソンと、えげつないほどの上昇志向を体現する個性派ポール・ジアマッティ。いい大人がガキ大将の覇権争いよろしく敵を出し抜く爽快感を求めるこのコメディ、最後の最後まで気を許せない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年5月1日
キャスト 監督・脚本トニー・ギルロイ
出演ジュリア・ロバーツ クライヴ・オーウェン トム・ウィルキンソン ポール・ジアマッティ
配給 東宝東和
制作国 アメリカ(2009)
上映時間 125分

(C)Universal Studios.ALL RIGHT RESERVED.

ユーザーレビュー

総合評価:3.25点★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「真MEN」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-09-23

意外なラスト!スパイは一人ではなかったなんて。でも、こんな展開は他の映画でもある。そこは、キャストの演技力でカバーしています。クライヴは何歳になっても渋い!ジュリアはさすがにキツい!けれども、なかなかのいいコンビでした。時間をずらしてみせるのもよくあるけど、この映画は面白かったです!

最終更新日:2017-01-27 15:44:22

広告を非表示にするには