はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH 作品情報

はやぶさばっくとぅざあーす

小惑星探査機「はやぶさ」の波乱と感動の旅

2003年5月。日本は小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げた。その使命は、小惑星に着陸し石を採取して地球に持ち帰ること。この人類史上初の試みを達成するべく、「はやぶさ」は目的地「小惑星イトカワ」に向け長い旅に出た。「はやぶさ」が持ち帰ろうとしている小惑星の石は、太陽系誕生の秘密をとくカギを握っている。地球、そして太陽系が誕生したのは46億年前。だが、地球にはその当時の石は、そのままの状態では存在していない。一方、小惑星には太陽系誕生時の記録が残っていると考えられているためだ。20億kmの旅の末、2005年11月、「はやぶさ」はいよいよ「イトカワ」への着陸を敢行。しかし、未知の世界への着陸は思い通りにはいかない。機体にもダメージを受ける。しかし、このままで地球に帰るわけにはいかない。態勢を立て直し、2度目の着陸に挑戦。成功したかに見えた直後、通信途絶という「はやぶさ」に最大の危機が訪れる。…しかし1ヶ月半後、奇跡的に通信が復活。地球への帰還の旅が始まった。

「はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH」の解説

2003年5月9日、宇宙科学研究所によって上げられた日本初の小惑星探査機「はやぶさ」。小惑星「イトカワ」に到着後、自律制御を行い、サンプルを持ち帰る事が課せられたミッションだった。しかし、待ち受けていた困難の数々……2007年夏にはミッションを完了するはずだった「はやぶさ」が、流星となって地球に戻ってきたのは、2010年6月13日。失敗の連続の末に帰還した「はやぶさ」に日本中が熱狂した。そんな、太陽系誕生の謎をさぐる「はやぶさ」の波乱と感動に満ちた探検の旅を、臨場感あふれるCGで描く。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年5月14日
キャスト 監督上坂浩光
ナレーション篠田三郎
配給 角川映画フィルムインク
制作国 日本(2009)
上映時間 46分

(C)有限会社ライブ(C)「はやぶさ」大型映像制作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:57:05

広告を非表示にするには