ソー ラブ&サンダー 作品情報

そーらぶあんどさんだー

ソー ラブ&サンダーのイメージ画像1
ソー ラブ&サンダーのイメージ画像2

サノスによって人類の半分が消し去られた世界で、ソー(クリス・ヘムズワース)は失われた人々を取り戻すため、アイアンマンやキャプテン・アメリカと共に時空を超えた激闘を繰り広げ、サノスを倒し人類を救った。ニュー・アスガルドは女戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)が新たな王となり、ソーはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間たちと共に地球を旅立つ。アスガルドの王やヒーローとして戦い続けてきた彼は、“自分は何者なのか”と、自分探しに迷走する。そんなとき、全宇宙の神々滅亡を誓うゴア(クリスチャン・ベール)がソーに襲い掛かる。絶体絶命の瞬間、ソー以上の力を持つ新たな“マイティ・ソー”に姿を変えた、元恋人ジェーン(ナタリー・ポートマン)が現れる……。

「ソー ラブ&サンダー」の解説

「アベンジャーズ/エンドゲーム」の後の世界を舞台に、雷神ソーの戦いを描くアクション・ファンタジー。サノスと激闘を繰り広げ、多くの仲間を失ったソーは、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと共に地球を旅立つ。そんな彼に、最大の敵ゴアが襲い掛かる。出演は、シリーズを通してソーを演じるクリス・ヘムズワース、「マイティ・ソー バトルロイヤル」のテッサ・トンプソン、「マイティ・ソー ダーク・ワールド」のナタリー・ポートマン。監督は、「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年7月8日
キャスト 監督タイカ・ワイティティ
出演クリス・ヘムズワース テッサ・トンプソン ナタリー・ポートマン クリスチャン・ベール ラッセル・クロウ
出演(声)タイカ・ワイティティ
配給 ウォルト・ディズニー・ジャパン
制作国 アメリカ(2022)
上映時間 119分
公式サイト https://marvel.disney.co.jp/movie/thor-love-and-thunder.html

(C)Marvel Studios 2022

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ソーとあソーぼう!東西の融合!?」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2022-07-14

アメリカ野郎な、ロックンロール的作品かと思っていたが?

蓋を開けてみたら、何やらスター・ウォーズのアレンジ、東西の融合、マーベルもより、ディズニーの子供向けの、さあ、子供たち一緒に、冒険しようよのアトラクションのような仕上がりでした。

北欧神も、よりアメリカンなカントリーで、ロック野郎風になったと思ったら、ソーは、仏陀のように瞑想に走り、物語は、仏教のように「神におうては神を斬り、仏におうては仏を斬る…」のようなストーリーをディズニー化してしまったスター・ウォーズチックに展開。

仏教、仏陀の教えは、既成概念、神仏、先生、親などの教えを捨てた後に残る自己信頼こそ大切と説く。

その意味では、すべてをぶち壊し、新たな生まれ変わりとして、次回に期待を込めこの評価です。

最終更新日:2022-08-18 16:09:00

広告を非表示にするには