女の子ものがたり 作品情報

おんなのこものがたり

女の子の数だけしあわせがある。

36歳漫画家の菜都美は、スランプに陥ってからというもの、昼間からビールを飲み、タライで水浴びをしたり、ソファで昼寝をしたりと、一向に立ち直ろうとする気配がない。新米の担当編集者、財前はそんな菜都美に「先生、友達いないでしょう?」と、キツイ言葉を投げかける。その一言で、菜都美は遠い昔、自分がまだ「女の子」だった頃に思いを馳せる。そして、人生最大のケンカをした「友達」の事を思い出すのだった。

「女の子ものがたり」の解説

西原理恵子の自伝的作品が映画化。夢と現実とのギャップに悩む少女漫画家が、自分と向き合い、成長していく姿を温かいタッチで描く。スランプに悩む菜都美は、担当編集者の何気ない一言で、幼少時代を思い出す。海と山の見える小さな町で育った菜都美には、もう会えなくなってしまった二人の親友がいた。あの頃の自分に会うため、彼女は故郷に帰るのだが…。女の子にとって友達とは、宝物だけど悩みの種でもある。そんな複雑な心理を色鮮やかに描いた女の子だけの青春ストーリー。現役女の子も、元女の子も共感出来ること間違いなし。出演は、深津絵里、大後寿々花、森迫永依ほか。監督は、TVドラマ「ツレがウツになりまして」の森岡利行。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月29日
キャスト 監督・脚本森岡利行
原作西原理恵子
出演深津絵里 大後寿々花 福士誠治 風吹ジュン 波瑠 高山侑子 森迫永依 板尾創路 奥貫薫
配給 エイベックス・エンタテインメント、IMJエンタテインメント
制作国 日本(2009)

(C)2009西原理恵子・小学館/「女の子ものがたり」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.33点★★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「わたしはわたし。」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-08-15

見たほうがいい。って言うか見なきゃ後悔する!!感性は人それぞれだけど。わたしはこの映画に出会えて良かったと思う。きっとここまでの感動は、そう簡単に無い。だからきっと他の人にもわかってもらえると思います

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには