路上のソリスト 作品情報

ろじょうのそりすと

ジェイミー・フォックスがホームレスのヴァイオリン弾きを演じる感動作

路上のソリストのイメージ画像1

ロペスはある日、べートーヴェンの銅像のある公園で2本しか弦のないヴァイオリンを弾くホームレス、ナサニエル・エアーズに出会う。彼の演奏する音楽の美しい響きにひかれコラムのネタに取材をはじめる。まもなく彼は、ナサニエルが将来を嘱望されたチェロ奏者で、ジュリアード音楽院の学生だった事を知る。なぜ才能ある音楽家が、LAの路上生活者になったのか?そして、家も家族もない彼が、なぜ音楽だけは捨てずに生きてきたのか? やがて、ロペスはナサニエルの感動の物語を発見するのだった。

「路上のソリスト」の解説

LAタイムズの有名コラムニスト、スティーヴ・ロペスが書いた実話を、『つぐない』のジョー・ライトが映画化。アカデミー俳優ジェイミー・フォックスが、路上の天才チェリストを演じる感動作。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年5月30日
キャスト 監督ジョー・ライト
原作スティーヴ・ロペス
出演ジェイミー・フォックス ロバート・ダウニーJr. キャサリン・キーナー トム・ホランダー リサ・ゲイ・ハミルトン
配給 東宝東和
制作国 アメリカ(2009)
上映時間 117分

Copyright 2008 DREAMWORKS LLC and UNIVERSAL STUDIOS [Amazonで購入]

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「アンニョ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2009-06-15

あたしも俳優さんと予告を見て. 期待を膨らませすぎました。全体的に重かったです。


レビューを投稿する

「路上のソリスト」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-02-20 16:39:33

広告を非表示にするには