鈍獣 作品情報

どんじゅう

世界一鈍いアイツが大人になれないオトナたちを追い詰める

週刊誌記者の静は、失踪した作家、凸川(でこがわ)の行方を探りに、彼の故郷にやって来た。そこで待ち受けていたのは、凸川の同級生で町の実力者の江田、警察官の岡本、そして江田の愛人、純子とホステスのノラだった。静は、失踪する前に、江田と凸川が再会していた事実を知る。実は、凸川は、江田の過去を小説のネタにしており、怒った江田は、凸川を殺そうとしたのだ。しかし、凸川は、何度殺そうとしても死なない…?!

「鈍獣」の解説

宮藤官九郎の伝説の舞台、「鈍獣」が映画に!20年前の情けない過去を小説のネタにされ怒った江田は、元同級生の作家、凸川を殺そうと企てる。しかし、凸川は世界で一番鈍くて幸運な男だった。主演は、浅野忠信、北村一輝、真木よう子ら。演技初体験である黒人演歌歌手ジェロや、元横綱大乃国こと柴田山親方など、個性派キャストにも注目して欲しい。監督は、「カップヌードル」などのCMを手掛けた映像クリエイターで、クドカンとは、「のんたのしっぽ」でもコンビを組んでいる細野ひで晃。映画用に脚本を練り直したクドカンのセンスが光る。ゆずとキマグレンがコラボした「ゆずグレン」が歌う主題歌「個人教授」もイケている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年5月16日
キャスト 監督細野ひで晃
脚本宮藤官九郎
出演浅野忠信 北村一輝 真木よう子 佐津川愛美 南野陽子 ユースケ・サンタマリア
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 日本(2009)

(C)2009『鈍獣』製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、3件の投稿があります。

P.N.「みぃ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2009-05-24

爆笑ではないですが、とてもおもしろいです。一人一人の演技が光ります。さすがクドカン。こんな脚本を正気で書けるのはやはり彼くらい。

最終更新日:2019-12-04 14:52:36

広告を非表示にするには