昴-スバル- 作品情報

すばる

ダンスは命、舞台の上でわたしは生きる

共にバレエへの憧れを募らせていた双子の弟・和馬を脳腫瘍で亡くしたばかりの小学生の宮本すばるが、運命に導かれるように場末の小劇場“パレ・ガルニエ”に足を踏み入れる。以来、オーナーの五十鈴に見守られながらダンス一筋に生きることに。成長し“パレ・ガルニエ”の舞台に立つようになったすばるの前にアメリカン・バレエ・シアターのリズ・パークが現れ、上海で開かれるバレエ・コンクールに誘うのだった。

「昴-スバル-」の解説

主演の黒木メイサが未経験だったバレエの特訓を重ね、クラシック、モダン、コンテンポラリーの多彩なダンス・シーンを演じ切った。その姿にダンスのためなら貪欲に何でも吸収しようとする天才バレエダンサー・宮本すばるが重なり、惜しみない努力と決してへこたれない粘り強さを持ってこそ天才なのだと納得させられる。数あるバレエ漫画の中でも突出した人気を誇る「週間ビッグコミックスピリッツ」連載の曽田正人の原作を、『LOVERS』のビル・コン製作のもと、監督・脚本を『不夜城 SLEEPLESS TOWN』のリー・チーガイ、美術監督を種田陽平が担い、まさにアジアの才能が結集して映画化を実現させた作品。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年3月20日
キャスト 監督・脚本リー・チーガイ
原作曽田正人
出演黒木メイサ 佐野光来 Ara 平岡祐太 愛華みれ 前田健 筧利夫 桃井かおり
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本=中国=シンガポール=韓国(2008)

(C)2009『昴-スバル-』製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「昴-スバル-」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:56:35

広告を非表示にするには