都会の空の非常線 作品情報

とかいのそらのひじょうせん

野村孝が監督した「都会の空の用心棒」につづく旭のパイロットもの

速水八郎操縦のヘリコプターJA7058は、助手の浩と東京上空からビラまきの仕事をしていた。その時、浩がビルの火事を発見、逃げおくれた子供を救った。子供の父親木塚は何故か喜ばなかった。木塚は河口湖附近に綜合病院を建てる計画を、銀座の暴力団田代興行に狙われ、所在をくらますために東京に逃げてきていたのだ。翌日、木塚は田代興行に拉致された。田代は土地権利書を要求した。権利書は八郎があずかっていた。田代は用心棒の竜と北川に八郎のヘリコプターをチャーターさせた。二人を乗せたヘリコプターは河口湖に着陸した。その時、近くの草原に女子大生の洋子のグライダーが不時着し…。

「都会の空の非常線」の解説

若井基成の原作を「処刑前夜」の池田一朗と「無情の夢」の小川英が共同で脚色し「早射ち野郎」の野村孝が監督したもので、「都会の空の用心棒」につづく旭のパイロットもの。「風に逆らう流れ者」の横山実が撮影した。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督野村孝
出演小林旭 杉山俊夫 浅丘ルリ子 原恵子 千代侑子 下絛正巳 下河原潤 日下部雅人 山内明 弘松三郎
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「都会の空の非常線」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:55:54

広告を非表示にするには