二人の武蔵 作品情報

ふたりのむさし

読売新聞連載の五味康祐の同名小説の映画化

吉岡憲法の道場に武蔵と名乗る二人の男が現われた。作州の平田武蔵は吉岡伝七郎を、播州の岡本武蔵は吉岡憲法をそれぞれ倒した。憲法の弟吉岡又三郎は叔父と兄の仇討の挑戦状を発した。この高札をみて佐々木小次郎は笑った。彼の後に女芸人りくと、奥之山休賀斎がいた。りくは平田を恋してい、休賀斎は平田の師だ。一方、岡本にも千珠という恋人がいた。彼の師は唐人剣師唐十官だった。一乗寺での仇討は、平田が先にきて又三郎を斬った。後から来た岡本、二人は剣を極めてから雌雄を決することにした。平田は柳生に挑むために江戸へ、岡本は柳生国許へと旅立った。

「二人の武蔵」の解説

渡辺邦男・吉田哲郎が脚色、「風来物語 あばれ飛車」のコンビ渡辺邦男が監督し、渡辺孝が撮影した。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督渡辺邦男
出演長谷川一夫 勝新太郎 本郷功次郎 市川雷蔵
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「二人の武蔵」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:55:53

広告を非表示にするには