三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~ 作品情報

さんぼんぎのうぎょうこうこうばじゅつぶもうもくのうまとしょうじょのじつわ

少女のひたむきさが傷ついた馬の心をひらく

青森県立三本木農業高校2年生の菊池香苗は馬術部に所属し、顧問の古賀先生の厳しい指導のもと、遊ぶ暇もなく馬の世話に明け暮れていた。担当するコスモは、かつて競走馬として、後に馬術競技界でも活躍した名馬だったが、左目を患い行き場を無くしたところを古賀が引き取ったのだった。その気性の激しさに香苗は手を焼いていたが、やがて左目の視力を失いつつあるコスモと共に馬術大会へ出場することを決意する。

「三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~」の解説

実話をもとに、物言えぬ馬と若い俳優たちとの真剣勝負を、余計な演出を一切排しドキュメンタリーのような語り口で追った青春ドラマである。舞台となった青森県の高校で四季を通したロケーション撮影を敢行し、馬術部員役の俳優たちが猛特訓を重ね、スタントなしで障害シーンにも挑戦するなどリアリティを追求したのは、『半落ち』『夕凪の街 桜の国』など感動を呼ぶドラマを手がけてきた佐々部清監督。撮り直しのきかない緊張感溢れるサラブレッドの出産シーンも、俳優たちが実際に立ち合った吹替え無しの本物。命が生まれる感動の瞬間を見事に映し出している。新人・長渕文音は素直な演技でひたむきなヒロインを好演している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年10月4日
キャスト 監督佐々部清
出演長渕文音 柳葉敏郎 黒谷友香 松方弘樹 奥村知史 森田彩華 西原亜希 小林裕吉 吹越満 原日出子
配給 東映
制作国 日本(2008)

(C)2008「三本木農業高校、馬術部」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:55:11

広告を非表示にするには