僕らのミライへ逆回転 作品情報

ぼくらのみらいへぎゃくかいてん

ミシェル・ゴンドリー×ジャック・ブラックが贈る、奇想天外で笑い満載のハートフルストーリー

いまだにビデオテープしか置いてない街角のレンタルショップ。そこは30年代に活躍した伝説のピアニストの生家だというが、いまや再開発のため取り壊しの運命に。そんな中、店員のマイクは店長から店の留守を預かる。やる気満々のマイクだが、近くのトレーラーハウスに住む友人ジェリーが起こした「事件」のせいで、店の全ビデオの中身が消去されてしまう。困った二人は自分たちで映画をリメイクし、それを客に貸し出すのだが…。

「僕らのミライへ逆回転」の解説

「貸す中身がないなら、自分たちで作ってしまえ!」という発想で次々に名作・旧作映画をリメイクしていくのは、『スクール・オブ・ロック』のジャック・ブラックとラッパーのモス・デフ。リメイクされるのは『ゴーストバスターズ』『ロボコップ』『ライオンキング』など一貫性はない。だが、手作り感がうけ、評判を呼んでいく。監督は『エターナル・サンシャイン』のミシェル・ゴンドリー。本作ではとくに奇をてらった映像は出てこない。むしろ「映像派」と言われることに反発するかのように、メジャー作品を登場人物たちがチープにリメイクしていくのだ。それが人気を呼ぶというところに、メジャーに対するアンチテーゼが含まれているのだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年10月11日
キャスト 監督・脚本ミシェル・ゴンドリー
出演ジャック・ブラック モス・デフ ダニー・グローヴァー ミア・ファロー シガーニー・ウィーヴァー
配給 東北新社
制作国 アメリカ(2008)
上映時間 101分

(C)Newline Productions/Junkyard Productions

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.33点★★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「ぺこ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2008-11-30

とてもよくできた映画だった。笑いどころも満載で他の観客の笑い声もよく聞こえてきた。最後はとても暖かい気持ちになれて、映画っていいものだなぁと思った!すごくお勧めですよ☆

最終更新日:2020-01-22 15:28:33

広告を非表示にするには