片腕マシンガール 作品情報

かたうでましんがーる

スシ、テンプラ、ゲイシャ、ヤクザ、ニンジャ!偏ったニッポンのイメージを逆手に取った、ハイテンションなスプラッターホラー登場!!!

女子高生・アミは、両親が自殺したために、たった一人の弟ユウと暮らしている。ある日、ヤクザの息子をリーダーとした不良グループによるイジメで弟が殺されてしまう。アミは、ユウの残した“殺したいやつ”ノートを元に復讐を誓うが、逆に捉えられ拷問に合い、片腕を切り落とされてしまう。何とか脱出し、同じく息子を失った母親・ミキと共に、再び復讐するための特訓を開始する…!

「片腕マシンガール」の解説

北米資本で製作され、YouTubeに予告編がアップされてからあっという間に40万以上のアクセスが殺到、国内外で既に話題騒然となっていた本作。その凄絶極まりない内容から、日本公開はほぼ無理と言われていたが、“ゆうばり国際ファンタスティック映画祭”でのプレミアム上映を経て、遂に劇場公開される。復讐に燃えるヒロイン・アミを演じるのは、人気急上昇中のグラビアアイドル・八代みなせ。本作が映画初出演は思えない、スタントなしで挑んだアクション、美しさと狂気に満ちた堂々の熱演で、観る者を釘付けにする。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年8月2日
キャスト 監督・脚本井口昇
出演八代みなせ 亜紗美 穂花 島津健太郎 デモ田中 諏訪太朗
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
制作国 日本=アメリカ(2007)
上映時間 96分

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「真MEN」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-05-01

低予算映画なので、誰が見ても偽物の血や人体だと分かります。でもそこは、やりすぎな演出でカバーしています。特に、噴水のように出る血には注目です!こうして見事なすごい映画となっています。最初から最後まで派手な演出で楽しめました。

最終更新日:2020-02-29 00:01:04

広告を非表示にするには