吾輩は猫である 作品情報

わがはいわねこであるわがはいはねこである

夏目漱石の同名小説を映画化

文明中学の英語教師、苦沙弥の家に一匹の猫が、半ば強引に住みついた。苦沙弥家は細君と三人の女の子、女中のおさんの六人暮しである。苦沙弥を除いて全員、猫は嫌いなのだが、苦沙弥は、追い出されてもすぐ戻るふてぶてしさに感心して飼うことにする。この家には、迷亭とか、苦沙弥の弟子の寒月が、主人の姪の雪江を目当てに、口実をつくってはよく顔を出す。迷亭は美学者だが、人に嘘をついては一人で喜こぶのが趣味で、寒月は奇妙な研究ばかりしている理学士である。さて堅物の寒月が、実業家、金田の娘、富子に恋をした。にわか成金の金田は落雲館中学の後援者だが、苦沙弥は出世と金儲けのために政治を利用している金田を許すことができなく、そのために家から目と鼻の先きにある落雲館をさけて、通勤に不便な文明中学に奉職しているのである。富子の母親・鼻子は寒月の素行調査を車屋のお内儀、二絃琴の師匠に依頼するかたわら、寒月の人物鑑定に苦沙弥の家に乗り込んで…。

「吾輩は猫である」の解説

一匹の猫の眼を通して、通俗的な社会にはかない抵抗をしめす中学教師を描く喜劇。脚本は「ノストラダムスの大予言」の八住利雄、監督・潤色は「股旅」の市川崑、撮影は「雨のアムステルダム」の岡崎宏三がそれぞれ担当。音楽はバッハの「インベンション」よりとっている。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督市川崑
出演仲代達矢 波野久里子 伊丹十三
制作国 日本(1975)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「吾輩は猫である」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-15 00:01:01

広告を非表示にするには