ガチ☆ボーイ 作品情報

がちぼーい

人生はスリーカウントじゃ決まらない

大学在学中に司法試験合格も夢ではないと言われる秀才、五十嵐は、学園祭で見た学生プロレスが忘れられず、プロレス研究会の門を叩く。「マリリン仮面」というリングネームをもらい、大切な事は何でもメモする真面目な五十嵐だったが、肝心の「段取り」を覚えられず、ガチンコの試合をしてしまう。しかし、それが客に大ウケ。五十嵐の人気でプロレス研究会は活気付く。しかし、五十嵐が段取りを覚えられないのには理由があった。

「ガチ☆ボーイ」の解説

学生プロレスとは、大学生によるお客さんに楽しんでもらう事を目的としたプロレスである。昨今のK-1やPRIDEのようなリアルな格闘技とは違い、全て段取りが決められていて、コメディ色が強く、スポーツというよりコントに近い。その学生プロレス(通称:学プロ)を舞台とした、笑いと感動の青春ストーリー。主演は、佐藤隆太、サエコ、ドラマ「ハチミツとクローバー」の向井理、仲里依紗、宮川大輔、泉谷しげる、ほか。五十嵐が所属するプロレス研究会は「安全第一」がモットーだが、作品中の試合は全てガチンコ。CGやスタントは一切使わず、俳優自らが体当たりで演じている。監督は、『タイヨウのうた』で長編デビューした小泉徳宏。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年3月1日
キャスト 監督小泉徳宏
原作蓬莱竜太
主題歌チャットモンチー
出演佐藤隆太 サエコ 向井理 仲里依紗 宮川大輔 泉谷しげる 川岡大次郎 瀬川亮
配給 東宝
制作国 日本(2008)
上映時間 120分

(C)フジテレビジョン・ROBOT・東宝

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.55点★★★★☆、33件の投稿があります。

P.N.「安全第一」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-08-07

前作「タイヨウのウタ」と違って、死にオチに出来ない難しさを感じた。大学を出た後主人公はどうなるのか? そもそも卒業は可能なのか? 作品に引き込まれたからこそ、そんな事まで考えてしまった。絶賛されているプロレス・シーンは勿論、バスの告白シーンに打たれた。フラれた事を日記に書けない恋心のつらさ。その恋心に限界まで寄り添ったヒロインの優しさ。ダルビッシュも落ちる訳ですよ。


レビューを投稿する

「ガチ☆ボーイ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-01-17 13:16:33

広告を非表示にするには