茶々 -天涯の貴妃(おんな)- 作品情報

ちゃちゃてんがいのおんな

女は、負ける戦をしてはならぬもの

織田信長の妹、お市と浅井長政の娘、茶々、はつ、小督。長政が信長に攻め殺され、お市が自害すると、三姉妹は羽柴秀吉の囚われ人として暮らすことに。はつ、小督が嫁ぎ、1人になった茶々に、関白となった秀吉の世継ぎを生むため、側室になるよう申し立てが来る。両親を死に追いやった憎い秀吉だったが、「側にいるということは、殺すことも出来る」と、話を請ける。秀吉の望みどおり、嫡男を儲ける茶々だったが…。

「茶々 -天涯の貴妃(おんな)-」の解説

井上靖の名著「淀どの日記」を、豪華賢覧なエンターテイメント絵巻として映画化。父の仇と思いながら秀吉の側室として世継ぎを生み育てた茶々を通して、戦乱の時代を生きた女性を描く。戦国時代を再現するために使用された美術が見事。現在京都市が所有している伏見桃山城を、総工費1億円かけて大阪城として改装。歴史に生きる女性茶々を、生き生きと現代に甦られせている。茶々を演じるのは、元宝塚宙組のトップスターでこれが映画初出演、初主演となる和央ようか。男役時代に培った凛とした風格で、女帝茶々を見事に演じ上げている。共演は、寺島しのぶ、富田靖子、高島礼子、渡部篤郎、中村獅童ら。監督は『極道の妻たち 情炎』の橋本一。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年12月22日
キャスト 監督橋本一
脚本高田宏治
原作井上靖
出演和央ようか 寺島しのぶ 富田靖子 高島礼子 余貴美子 原田美枝子 中村獅童 渡部篤郎 松方弘樹
配給 東映
制作国 日本(2007)

(C)2007 「茶々」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、9件の投稿があります。

P.N.「ちか」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2011-04-10

私自身、茶々にいいイメージを抱いていなかったので、この映画はすごく新鮮でした。
今期の大河ドラマ『江』よりはこちらの方が断然好きです。

史実を重視する方には嫌なところもあるかと思いますが、映画は映画、仕方ない(笑)

難を言えば、展開が早かったことですかね。
彼女の非常に濃い人生を描くには、二時間はやはり短すぎるかと。
でもこれも仕方ないです(笑)

最終更新日:2019-11-19 16:00:07

広告を非表示にするには