陰日向に咲く 作品情報

かげひなたにさく

日陰に生きるダメダメな人たちを描いた、泣きたいくらい愛おしい群像劇

ギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。上司から援助を受けるも、パチンコで使い果たしてしまった。会社から見放され、取り立てに追われるシンヤは、オレオレ詐欺で金を稼ごうとする。しかし、電話に出た老婆がシンヤを自分の息子と思い込んで話し始め、二人の間に奇妙な交流が始まる。悲しく優しい老婆の声にシンヤはカネをせびるのも忘れ…。

「陰日向に咲く」の解説

劇団ひとり原作の小説が映画に。東京に暮すダメな人たちの人生に焦点を当てた群像劇。借金返済のためにオレオレ詐欺に手を染める青年、C級アイドルを追いかけるオタク少年、家族と世間を捨てた男、夫に逃げられ子供も亡くした孤独な老女…日陰でも懸命に生きる人々を温かい目線で描いている。主演は岡田准一、宮崎あおい、西田敏行、三浦友和ら。岡田准一のオレオレ詐欺にはかなり心が痛いかも。イケメンなのに出過ぎない“引き”の演技が光る。また、それぞれの登場人物たちがクライマックスで繋がるという練られたストーリー展開に唸らされた。監督は、堤幸彦監督に師事し『そのときは彼によろしく』で長編デビューした平川雄一朗。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年1月26日
キャスト 監督平川雄一朗
原作劇団ひとり
出演岡田准一 宮崎あおい 伊藤淳史 平山あや 塚本高史
配給 東宝
制作国 日本(2008)
上映時間 129分

(C)2008「陰日向に咲く」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3.6点★★★☆、53件の投稿があります。

P.N.「ペー」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2010-02-15

原作の方が良かったです。自分は原作を読んでいたので「かなり物足りないなぁ」と見てて感じました。それに変なアレンジもあり納得いきませんでした。

最終更新日:2017-01-27 15:44:11

広告を非表示にするには