恋する彼女、西へ。 作品情報

こいするかのじょにしへ

60年前から現代にタイムスリップ?!池内博之が古き良き“日本男児”を好演したラブストーリー

不動産の開発会社で働くキャリアウーマン・響子は、出張で広島を訪れる。原爆記念日3日前の8月3日、ひと仕事終えて市内を歩いていた彼女に、白い海軍服の男が話しかけてくる。「ここはどこですか?」響子は見るからに様子のおかしい男と関わりあわないように、その場を足早に立ち去ろうとするが、次の瞬間、男はバイク事故に巻き込まれてしまう。仕方なく男を病院へ連れていき、治療費まで払ってやった響子は、この男を置き去りにできなくなり…。

「恋する彼女、西へ。」の解説

原爆投下のわずか3日前の広島からタイムスリップしてきた男と、現代的な女性のラブストーリー。結果的に恋愛より仕事を取ってしまったキャリアウーマン役を、鶴田真由が等身大の演技で好演している。そして、イマドキの日本の男とはひと味もふた味も違う“日本男児”を、凛々しく演じた池内博之にホレボレ! ピンと背筋の伸びた立ち姿、控え目な礼義正しさ、女性や子供を守るためなら身の危険を顧みない潔さ…。最近とんと見あたらない日本人の美学が、新鮮にさえ感じられる。光にあふれた、真夏の広島も美しい。しかしその美しさの中に、忘れてはいけない悲しい記憶が常に揺らいでいることを、改めて思いださせてくれる一本。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年2月9日
キャスト 監督酒井信行
原作・脚本田渕久美子
出演鶴田真由 池内博之 かとうかず子 小林桂樹
配給 シナジー
制作国 日本(2007)
上映時間 102分

(C)2007『恋する彼女、西へ。』製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「恋する彼女、西へ。」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:53:27

広告を非表示にするには