ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ 作品情報

ほんとうのじゃくりーぬでゅぷれ

実在した天才女性チェリストの実像を描き出したドラマ

ヒラリーとジャクリーヌの姉妹は幼少の頃から音楽好きの母アイリスによって育てられた。ふたりはそろってパーリーの音楽コンクールに出場するが、そこで絶賛されたことを機にジャクリーヌはチェリストとしての才能を開花させていく。ヒラリーは自分の才能に見切りをつけ、大学の同級生の指揮者キーファと結婚し、平凡な家庭夫人となる道を選ぶ。22歳で天才ピアニストのダニエル・ボレンバイムと結婚してさらに名声を高めた彼女だが、夫との世界公演は彼女を心身共に疲労させた。

「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」の解説

監督はドキュメンタリー畑出身で本作が劇映画デビューとなるアナンド・タッカー。脚本は「ウェルカム・トゥ・サラエボ」のフランク・コトレル・ボイス。撮影は「オセロ」のデイヴィッド・ジョンソン。チェロ演奏はロンドン・フィル等で活躍するチェリスト、キャロリン・デイルが担当。出演は「奇跡の海」のエミリー・ワトソン、「エイミー」のレイチェル・グリフィス、「エリザベス」のジェームズ・フレインほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督アナンド・タッカー
出演エミリー・ワトソン レイチェル・グリフィス ジェームズ・フレイン
制作国 イギリス(1998)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-02 18:41:06

広告を非表示にするには