サクゴエ 作品情報

さくごえ

未来に向かうには“サク(柵)”を越えなければいけない……

ヤミ金融業者に追われ、友達もいない孤独なサラリーマン森田は、飛び降り自殺をしようとビルの屋上に立つ。しかし、思い詰めた森田を笑う男がいた。トミーと名乗る男は、「一日だけ俺につきあってよ」と、森田に富士山に登ろうと誘う。言われるがままに合意してしまう森田。しかし、トミーと別れ、自宅に帰る途中、トミーが指名手配中の殺人犯であることを知る。翌日、富士山に向かう車中で、森田はトミーの過去を聞かされる。

「サクゴエ」の解説

『未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』などの若手実力派俳優、弓削智久が初めて脚本を手がけた。ひょんなことで知り合った、冴えないサラリーマンと元ヤクザの心の交流を描いたバディ&ロード・ムービー。『サクゴエ』の“サク”とは、柵のこと。目の前にある柵を越える勇気を持てば、未来に向かっていけると、メッセージを投げかけている。「本当に自分が出たい映画を作りたかった」と語る弓削と同じく、熱くてピュアな物語である。主演は『運命じゃない人』の中村靖日、ドラマ「点と線」の荻野崇ら、若手の他、ジェリー藤尾、ジェームズ小野田(米米クラブ)など、個性豊かなキャストが揃った。監督は、『戦 IKUSA』の本田隆一。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年10月20日
キャスト 監督本田隆一
出演中村靖日 弓削智久 荻野崇 李鐘浩 清水ゆみ ジェリー藤尾 あおい輝彦 平田満 中村敦夫
配給 中目黒製作所
制作国 日本(2007)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「サクゴエ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:53:11

広告を非表示にするには