オリヲン座からの招待状 作品情報

おりをんざからのしょうたいじょう

亡き夫が残した映画館、オリヲン座を守った妻・トヨと映写技師の物語

町の映画館・オリヲン座は、毎日、たくさんの人で賑わっていた。経営しているのは映写技師の豊田松蔵と妻・トヨだ。ある日、一人の青年が映画館にやってきた。映画を観たくて仕方がないが、お金がない。トヨはその青年を「途中からだから」と言って入れてやった。上映が終ると、その青年、留吉は松蔵にここで働かせてくれと頼み込む。留吉は熱心に働き、映写技師となる。しかし、松蔵が急死してから、映画館は段々寂れるように…。

「オリヲン座からの招待状」の解説

“泣ける作家”として国民的人気の浅田次郎原作の「鉄道員」に収められた短編小説を『MISTY』の三枝健起監督が映画化。昭和30年代の映画黄金時代から、映画が斜陽になり、現代に至るまで、亡き夫から受け継いだ映画館、オリヲン座を守る妻と映写技師の純愛を描く。昭和30年代を描いた映画がヒットしているが、湿り気のある映像は、まさに昭和そのものだ。劇中、上映されている映画として『無法松の一生』『二十四の瞳』『ひめゆりの塔』など、名作の映像が流れるなど、和製『ニューシネマ・パラダイス』と言ったところ。主演の宮沢りえが『たそがれ清兵衛』、『花よりもなほ』に続き、愛する男性を陰で支える献身的な女性を好演している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年11月3日
キャスト 監督三枝健起
原作浅田次郎
出演宮沢りえ 加瀬亮 宇崎竜童 田口トモロヲ 中原ひとみ 樋口可南子 原田芳雄
配給 東映
制作国 日本(2007)
上映時間 116分

(C)2007「オリヲン座からの招待状」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「泣ける映画大好き」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2008-01-17

予告を見て、感動できると思って見に行ったのですが、はっきり言ってあまり感動しませんでした。唯一感動したのが、ラストで、年老いた留吉が初めて想いを告白し、主人公2人が抱きしめ合う場面でしたが、年老いた男女が抱きしめ合う場面を見るのもどうかなぁ…。

最終更新日:2020-07-29 14:50:09

広告を非表示にするには