象の背中 作品情報

ぞうのせなか

生きていたい最後の一瞬まで

突然、末期の肺がんで余命半年を宣告された48歳の藤山幸弘は、残された時間をどう生きるか選択を迫られる。妻と二人の子どもの事はもちろん、建設会社の部長として精魂傾けてきたプロジェクトも気掛かりだ。しかし、結局は延命治療を拒否し自分なりに人生を全うしようと決断する。激痛に耐えながら心残りのないように最後の別れを告げておきたい人たちを訪ね歩く幸弘だったが、妻の美和子には事実を言い出せずにいた。

「象の背中」の解説

死期を悟った象は群れから離れ、ひっそりと最期を迎える場所を探して旅立つというが、果たして人間にそんな潔い真似ができるだろうか。役所広司演じる主人公は苦悩の末、「死ぬまで生きる」決意をし、大切な人たちに見守られて逝く事を選ぶ。当然ながら死の宣告は本人だけでなく、家族をはじめ周りの人々へも重くのしかかる。それぞれが幸弘の選択を受け入れてゆく過程は切なくも残酷だ。それでも、尊重されるべきは死にゆく者の意志であるなら、これもまた潔い最期と言えるだろう。秋元康の初の長編小説を映画化した本作、一人の男の死に様(=生き様)と、夫婦であり親子である家族の一つの理想的な形が描かれている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年10月27日
キャスト 監督井坂聡
原作秋元康
出演役所広司 今井美樹 塩谷瞬 南沢奈央 井川遥 高橋克実 白井晃
配給 松竹
制作国 日本(2007)

(C)2007「象の背中」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.89点★★★☆、10件の投稿があります。

P.N.「ボブ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2009-03-12

死ぬのが分かってから死ぬことの意味を考えさせれる映画ではあったが、愛人が出てきたことで全て台無し。特に手紙が読まれるシーンは本当は泣けるシーンだろうけど全く心に響かない。あのキャラで愛人持ちにする必要はあったのか疑問。むしろ裏切られた妻の目線になってしまった。看病中に愛人と対面して以降もあんなに変わらない愛情を持ち続けられるだろうか?後、個人的には海辺でのチアにドン引きでした。


レビューを投稿する

「象の背中」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-20 13:15:45

広告を非表示にするには