こわい童謡 表の章 作品情報

こわいどうようおもてのしょう

“表”の謎を“裏”で解明する、表裏一体の童謡ホラーサスペンス

東京郊外の名門校、聖蘭女学院。転校生の彩音は奇妙な幻聴に悩まされていた。そんな時、寮のルームメイトで同じ合唱部員の奈々香が校舎の屋上から飛び降り自殺した。さらに部長の未紀も失踪し、トイレで首を吊った姿で発見された…。次々と彩音の周囲で変死や失踪が相次いで起こる。たった一人で真相究明に乗り出した彩音は、全ての原因は童謡に秘められた謎であることに気付く。そして、さらなる悲劇が襲い掛かるのだった…。

「こわい童謡 表の章」の解説

「かごめかごめ」「はないちもんめ」「ずいずいずっころばし」など、誰もが知っている童謡。だがその成立や歴史について、不明な点も数多くある。それゆえに、その歌詞には多義的な解釈が存在している。民族学者・長野隆之の監修の下、『渋谷怪談』シリーズの福谷修監督がメガホンをとった。「表の章」「裏の章」と表裏一体の物語を巧みに2つに分岐させ、さらに1つの世界観の中に見事に掌握させている。主演の彩音には、『夜のピクニック』などで高い評価を得た多部未華子。彼女にとって本作が初のホラー作品となる。一人、謎に立ち向かう姿に強い存在感が漂う。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年7月7日
キャスト 監督・脚本福谷修
出演多部未華子 近野成美 悠城早矢 秦みずほ しほの涼 霧島れいか
配給 東京テアトル
制作国 日本(2007)
上映時間 74分

(c)2007「こわい童謡」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「こわい童謡 表の章」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:52:20

広告を非表示にするには