ホワイトハウスの陰謀 作品情報

ほわいとはうすのいんぼう

ホワイトハウスで起きた殺人事件の背後に潜む陰謀に挑んだ男女の活躍を描くサスペンス・アクション

ホワイトハウスの陰謀のイメージ画像1

ワシントンD.C.ペンシルヴェニア通り1600番地、即ちホワイトハウスで官邸内職員の若い女性カーラが殺された。国家安全保安局顧問ジョーダン(アラン・アルダ)の要請でリージス刑事(ウェズリー・スナイプス)が現場入りするが、警備主任スパイキングス(ダニエル・ベンザリ)は非協力的だった。検察局の女性シークレット・サービス、ニーナ(ダイアン・レイン)がリージスに協力するが、被害者カーラの私物は既に検察局に押収されており、捜査は機密の厚い壁に阻まれる…。

「ホワイトハウスの陰謀」の解説

デビュー作となるウェイン・ビーチと、準備稿の段階で惜しくも亡くなったテイヴィッド・ホッジンのオリジナル脚本を、「ラピッド・ファイヤー」「フリー・ウィリー2」のドワイト・リトルが監督。主演は「マネートレイン」「ザ・ファン」のウェズリー・スナイプスと「ジャッジ・ドレッド」「ジャック」のダイアン・レイン。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ドワイト・リトル
出演ウェズリー・スナイプス ダイアン・レイン ダニエル・ベンザリ デニス・ミラー
制作国 アメリカ(1997)
TV放映 2020年7月13日 テレビ東京 午後のロードショー

[Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ホワイトハウスの陰謀」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-04 13:25:09

広告を非表示にするには