吉祥天女 作品情報

きっしょうてんにょ

吉田秋生の代表作が遂に映画化!

艶のある長い黒髪、人の心を見透かすかのような黒い大きな瞳-そんなミステリアスな雰囲気を醸す美少女・叶小夜子は、実は天女の子孫で、幼い頃に追い出された旧家に久々に戻ってきた。その叶家の財産を狙う遠野家の二人の息子-ワイルドで粗暴な暁と、養子として育てられたクールで繊細な弟・涼は、魔性の魅力をもつ小夜子に惹かれていく。一方、彼女のクラスメイト麻井由似子は小夜子に強い憧れを抱き、友情をはぐくむのだった。

「吉祥天女」の解説

少女マンガファンのみならず幅広い層から支持される吉田秋生(「BANANA FISH」「ラヴァーズ・キス」)の代表作の映画化。原作では、主人公・小夜子と、彼女の魅力にとりつかれた男たちの悲劇が中心に描かれているが、映画ではどちらかと言うと小夜子と由似子の友情が軸となっている。鈴木杏と本仮屋ユイカ―人気急上昇中の若手成長株の女優二人が、それぞれタイプの異なる美少女ぶりを遺憾なく発揮しているのが見どころ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年6月30日
キャスト 監督・脚本及川中
原作吉田秋生
出演鈴木杏 本仮屋ユイカ 勝地涼 市川実日子 深水元基
配給 CKエンタテインメント【Cubical】
制作国 日本(2006)
年齢制限 PG-12
上映時間 116分

(c)吉田秋生・小学館/「吉祥天女」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「吉祥天女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:51:57

広告を非表示にするには