マリアの受難 作品情報

まりあのじゅなん

『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァ監督作品。

マリアの脳裏に駆け巡る悪夢のような情景。欲望、少女の頃の芽生え、罪悪、ファーストキス、そして夫との結婚という嘘。今のマリアの夢はただ一つ。この暗闇から抜け出し、過去の呪縛から自分自身を解き放つこと…。

「マリアの受難」の解説

本作『マリアの受難』は、ドイツの俊英トム・ティクヴァ監督がメガホンをとった作品。ドイツ映画としては記録的ヒット作となった『ラン・ローラ・ラン』から現在まで、映像美や独自の世界観を展開しながら、着実にキャリアを築き上げているティクヴァ監督。最新作『パフューム』やショートストーリーの1編を担当した映画『パリ、ジュテーム』、そしてこの『マリアの受難』と、ポップで軽妙な作品からアート志向の強い作品まで、この変幻自在なフィルモグラフィーからも、ティクヴァ監督の類まれなる才能が窺える。そしてこの『マリアの受難』からもティクヴァ監督の計り知れない才能を感じとれるだろう。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年3月24日
キャスト 監督トム・ティクヴァ
出演ニナ・ペトリ ペーター・フランケ
配給 日本スカイウェイ
制作国 ドイツ(1993)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「マリアの受難」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:51:37

広告を非表示にするには