動乱 作品情報

どうらん

昭和史の五・一五事件から二・二六事件までを背景に、青年将校とその妻の愛を描いた作品。

昭和七年四月、仙台連隊。宮城啓介大尉が隊長をつとめる中隊の初年兵、溝口が脱走した。姉の薫が貧しさから千円で芸者に売られようとしていたからだ。溝口は捜索隊の上司を殺してしまい、銃殺刑に処せられた。宮城は千円を香典として渡す。当時、日本は厳しい経済恐慌に包まれ、これを改革すべく一部の海軍将校と陸軍士官候補生らが決起した。五・一五事件である。(第一部 海峡を渡る愛)昭和十年十月、東京。宮城は第一連隊に配属になり、薫と共に居をかまえた。宮城の家には多くの青年将校が訪れ、語り合っていく。憲兵隊の島はそんな宮城家の向いに往みこんで、見張りを続けていた。(第二部 雪降り止まず)

「動乱」の解説

昭和史の起点となった五・一五事件から二・二六事件までの風雲急を告げる時を背景に、寡黙な青年将校とその妻の愛を描いたもので第一部「海峡を渡る愛」、第二部「雪降り止まず」の二部構成になっている。脚本は『英霊たちの応援歌 最後の早慶戦』の山田信夫、監督は『聖職の碑』の森谷司郎、撮影は『天使の欲望』の仲沢半次郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森谷司郎
出演高倉健 吉永小百合 米倉斉加年
制作国 日本(1980)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「動乱」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-01-15 00:01:05

広告を非表示にするには