パフューム ~ある人殺しの物語~ 作品情報

ぱふゅーむあるひとごろしのものがたり

禁断の欲望が生み出すもの、それは究極の媚薬

18世紀、パリの魚市場で産み落とされたグルヌイユは驚異的な嗅覚を持っていた。青年に成長したある日、赤毛の少女が発する至福の香りに出会うが、夢中になるあまり彼女を殺してしまう。死と共に香りも消えてしまうことを知った彼は、香りを永遠にとどめておく方法を探るため調香師に弟子入りし、さらなる技を求めて職人の街グラースへ向かう。途中、自分自身に体臭がないことに気づき衝撃を受けるが、やがて運命の香りと再会する。

「パフューム ~ある人殺しの物語~」の解説

ここまで嗅覚を刺激する映画がかつてあっただろうか。冒頭の市場のシーンから匂いの迫力に圧倒される。それは死んだ魚と生きた人間が放つ猥雑でリアルな匂いだ。体臭を持たない男が香りに恋い焦がれるこの物語は、85年に発表され世界的ベストセラーとなったパトリック・ジュースキントの小説が原作。すぐさま映画化権の争奪戦となったものの原作者が拒み続け、ようやく21年の時を経て『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァ監督と、無名の新人ながら類い稀な才能を持つベン・ウィショーを主役に得て映画版が完成した。群衆がプリミティブな本能を呼び覚まされるラストシーン、官能をくすぐる香りに誰もが度肝を抜かれるに違いない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年3月3日
キャスト 監督トム・ティクヴァ
出演ベン・ウィショー レイチェル・ハード=ウッド アラン・リックマン ダスティン・ホフマン
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 ドイツ(2006)
上映時間 147分

(C)2006 Constantin Film Produktion GmbH / VIP Medienfonds 4 GmbH & Co. KG / NEF Productions S.A. / Castelao Productions S.A.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.55点★★★★☆、11件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-07-21

群衆史劇を活写するフランク・グリーベのカメラワークもまたs冴えて

最終更新日:2020-10-26 13:26:05

広告を非表示にするには