映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~ 作品情報

どらえもんのびたのしんまかいだいぼうけんしちにんのまほうつかい

ドラえもん ザ・マジックはじまる。

「もしも、魔法世界になったら…」魔法が使えたら便利なのに、と考えたのび太は“もしもボックス”で現実の世界を魔法の世界に変えてしまう。そこは科学のかわりに魔法が発達した世界。でも、みんなが魔法を使えるのに、のび太はやっぱり魔法が苦手だった…。そんなある日、ドラえもんたちは、魔物や魔法のことを研究している魔学博士の満月先生と娘の美夜子に出会い、魔物たちが支配する“魔界”が今、地球に接近しつつあることを教えられる。地球滅亡の危機!ドラえもんとのび太たちは、地球を救えるのか…!?

「映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~」の解説

今回、脚本を担当するのは、『連鎖』『ホワイトアウト』などで有名な小説家・真保裕一。ドラえもんのようなアニメを作りたいと考え、シンエイ動画の採用試験を受けたという過去を持つ真保が、藤子・F・不二雄が1984年に執筆した原作「のび太の魔界大冒険」に新たな命を吹き込み、『映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~』の脚本を書き上げます。その新たな命を吹き込まれた作品を監督するのは、映画ドラえもん史上初の女性監督である寺本幸代。女性特有の柔らかな表現で、いままでよりもエモーショナルな『映画ドラえもん』を目指します。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年3月10日
キャスト 監督寺本幸代
声の出演水田わさび 大原めぐみ 相武沙季
配給 東宝
制作国 日本(2007)
上映時間 112分

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2007

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ねずみ型…」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2007-03-15

とても良かった(^O^)この歳になってドラえもん!?って最初は思ってたけど観てみたら物語の構成も画もバッチリだった。アニメからこんなに学ぶことがあるとは思わなかった。さすが世界のドラえもん★自分に子供が出来たら絶対見せて後世に引き継いでもらいたいものだ!!


レビューを投稿する

「映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-15 14:33:01

広告を非表示にするには