映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ 天使たち 作品情報

えいがどらえもんしんのびたとてつじんへいだんはばたけてんしたち

北極で巨大なロボットの足と謎の青い球体を拾ってきたのび太(大原めぐみ)。その青い球体に導かれるように、次々とロボットの部品がのび太の家の庭に降ってくる。そのままでは邪魔になるため、ドラえもん(水田わさび)と一緒に、現実世界そっくりだが誰もいない“鏡面世界”で部品を組み立て、巨大ロボット“ザンダクロス”を完成させるのび太。ところが、ロボットの持ち主だと名乗るリルル(沢城みゆき)という不思議な女の子が、のび太の街に現れる。さらに、どんなものでも親しみやすい形に変えて話ができるようになるドラえもんのひみつ道具“おはなしボックス”で、ザンダクロスの頭脳をヒヨコ型に改良すると、ピッポ(小林由美子)が誕生。リルルとピッポによると、実はザンダクロスとリルルはロボットの星“メカトピア”から地球人を奴隷にするために送り込まれたという。リルルの目的は、地球に基地を作り、メカトピアの鉄人兵団を安全に誘導することだった。総司令官(加藤浩次)に率いられ、刻一刻と地球に迫る鉄人兵団。のび太は、しずか(かかずゆみ)、ジャイアン(木村昴)、スネ夫(関智一)とともに、地球を守るため、鉄人兵団に立ち向かうことを決意する。果たして、ドラえもんやのび太たちは、地球を救えるのか……。

「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ 天使たち」の解説

劇場用作品第7弾「ドラえもん のび太と鉄人兵団」をリメイク。新キャラクターも登場して、人類を奴隷にするために宇宙から攻めてくるメカトピアの鉄人兵団に立ち向かうのび太、ドラえもんたちが冒険を繰り広げる。声の出演は『ポケットモンスター ベストウィッシュ』の水田わさび、『それでも町は廻っている』の大原めぐみ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年3月5日
キャスト 監督寺本幸代
原作藤子・F・不二雄
出演(声)水田わさび 大原めぐみ かかずゆみ 木村昴 関智一 千秋 沢城みゆき 小林由美子 加藤浩次
配給 東宝
制作国 日本(2011)
上映時間 108分
公式サイト http://doraeiga.com/2011/

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ 天使たち」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-05-28 10:51:29

広告を非表示にするには